GARAGE

GARAGE

3匹の子豚 第六話

人間に見えるように、穴の3つ空いた帽子でブタっ鼻を隠すため、小顔を目指して結果にコミットできたトン一郎。
やっと帽子を被ることができました。

「学歴がある上にこんなにイケてる僕、誰も放っておかないよ!もうニートなんて呼ばせないよ!(まだ仕事は見つけてないけど)」

でもまって。
僕は僕であることを隠して、僕でなくて誰になるの!?
そうだ!
僕は僕なんだ!!!

トン一郎はコミットしてから気付いたのです。
ブタっ鼻を隠しても、トン一郎はトン一郎。
他の誰でもないのです!

「ありのままの僕を雇用してくれる企業を探せばいいんだよ!」
ネットで探し当てたその会社のサイトには
「経験も大事だけれど、情熱も大事!元気のあるブタさん募集中!子豚さんでもお仕事あります!」
とあります!早速エントリーシートを送付、採用が決まりました!

嬉しいトン一郎、トン次郎にLINEしました。
トン一郎「就活おわった!」。
トン次郎「なんて会社?」。
トン一郎「株式会社 オォカミ」。

・・・さぁ、トン一郎の命運やいかに。

次はだれにする?
もう一人の愛媛くんは事務所にいないので、
藤棚月さん、宜しくお願い致します。

214.jpg

2016年1月20日(水) 2:13: PM
PageTop